どこから来てどこへ行くのか

f:id:thirty_eesti:20180808060128j:image

 

人類はどこから来てどこへ行くのか、という話はしない。ただの私の話だ。

 

けっきょく小さな漁師町の海沿いの家に生まれて、そこから紆余曲折あってエストニアにいる。英語圏での生活。起業もしたし、次の学期からは人工知能の授業でティーチングアシスタントも始める。

 

1年後のことなんて予測が不可能だ。来月に何が起こるかもわからない。

 

「先行きが不透明」や「見通しが悪い」という言葉での表現は間違っている。透明度の高い空間で生きているとは思う。透き通ったランダムネスが先にあるのだろうということ。

 

たぶん、もう死に方は選べないと思う。「どうやって」も、「どこ」でも、「なぜ」も。わからん殺しされないように気をつけたい。でも、それだったらそれでもう仕方ないかなと。健康ではありたい。

 

不規則性が飛び交う空間のなかで、圧倒的な不確定性と付き合っていくには教養と筋肉がやっぱり重要ということはわかってきた。

 

せめて未来を祝福できるように、偶然を肯定的に捉えることができるように勉強を続けたい。勉強は楽しい。苦しいときがもっぱらだけど、そのなかで楽しみ方をもっと身につけていきたい。勉強したことが視点にもなり得るだろう。

 

 

Windows10上でKeras使ってGPU演算 (CUDA v9.2)

f:id:thirty_eesti:20180806040806j:image

 

授業で出番がくるだろうからWindows10でKerasを動かすやりかたを試してみた。GPU演算。

 

Visual Studio 2017(C++, SDK)

CUDA(v9.2)

cudnn(v9.2)

Anaconda(Python 3.5.5)

Windows10 Pro

GeForce GTX 1070

 

授業で気をつけたいことは、GUIでTensorflow-gpuインストールしないでCUIのAnaconda Promptでインストールしてねーってところ。

 

システム環境変数は勝手にプログラム側がパス通してくれてたし、こちら側が手動で環境変数を追加する必要はない。

 

不安な点はcudnnのファイル置き換えがフォルダごとなのかフォルダ直下なのかはっきりしてないくらい。

 

GPU環境(Anaconda関係なしに)が整ってるかはコマンドプロンプトでnvccと打てば確認できる。nvcc fatalと返ってくればよい。

 

Tensorflow上でGPU使ってるかの確認はSpyder上でTensorflow呼び出してなにかしらのコードを実行すればよい。タスクマネージャーでGPU使用が認められればOK。

 

 

参考リンク

qiita.com

 

liaoyuan.hatenablog.jp

 

qiita.com

「頭が悪い」の条件

f:id:thirty_eesti:20180805051412j:image

 

私は他人を褒める文脈で「バカですね!」と言うときがある。価値観に従って生きている人が好きなのだ。わかりやすくてよい。

 

他人を非難する文脈で「頭が悪いですね」と言うときもある。「嫌いな人に嫌われるのは損失である」と思っているから、仲の良い人としか口喧嘩にならないというのは付け加えておくとして。

 

頭が悪いというのは、個人的にはどういう解釈をしているのだろうか。ここで少し考えたい。

 

おそらく、想像力の欠如なのではないか。その場合、視点が先なのだろうか、想像力が先なのだろうか。

 

 

 

 

気楽に考えたい

f:id:thirty_eesti:20180804060933j:plain

 

ジョージア人やイタリア人を見習って気楽に物事を見る視点をいつもひとつは用意していたい。彼らは感情のよさをよくわかっている。

 

個人がその個人において考えるときに出てくる深刻さというものは、基本的には自己満足だ。深刻に考えたいから、深刻さという感覚を欲する。

 

私にとって気楽さとは、「見通しが悪いこと」なのか。「考える必要がないことを考えること」を深刻と言えばいいのか。

 

気楽さは力強さであってほしいし(嫌味のなさからくる気品でもよい)、深刻さは想像力であってほしい。

 

静かであるとはどういうことか

f:id:thirty_eesti:20180804060249j:plain

 

音がしないという意味ではなくて。

 

心が落ち着いている状態ということを考えたい。

 

静的であるということはどういうことなのだろう。

 

人間に停止した状態を維持するということは生理学的にできない(人間の状態でいちばん動的でない状態とはおそらく死体のことなのだけど、死体ですら変化していく)。

 

心が落ち着くという面から考える。心が静かだという状態を考えたいのだと思う。

 

集中できていることが精神的に静的な状態なのだということにしておきたい。

 

 

 

 

充実した生活のサイクル

f:id:thirty_eesti:20180720055142j:image

 

研究機関に所属する人たちと話す機会が増えてきた。研究の話をすることがここまで日常的になるとは思っていなかった。留学する前からは想像もできない。理想の生活サイクルだと思う。

 

私は他人と専門的な知識や技能について知見を交換することを愛している。原因が発達障害だからかはわからない。

 

----------

 

大学の夏季学校(サマースクール)の中間発表を見に行った。

 

夏季学校とは、夏休みの間だけ開かれる公開講座のようなものだ。

 

2週間でひとつのプロトタイプを4人のグループで作り上げる。領域はウェアラブルについて。

 

そこには日本の著名な研究機関の方もいた。偶然の出会いだ。年齢も近かったせいか話も合った。その日の授業が終わってからいっしょに公園を歩きながら、日本の研究シーンについて意見を交換した。厳しい話もあったし、その中で明るくなりそうな部分も見えたり。

 

楽しく会話をして解散。

 

f:id:thirty_eesti:20180720055205j:image

 

帰りのバス停で来るバスを待っていた。なかなか来ないので暇つぶしに隣の人に話しかけたら、フィンランドから来ている研究者だった。

 

睡眠を研究する機関に勤めていると話してくれた。今日からバカンスだよ、とも教えてくれた。サマーハウスに行く途中だという(サマーハウスとは北欧の人たちが夏休みに行く別荘のようなもの)。

 

彼は神経学の博士号を持っていた。話題は、人間の生体データの測定対象について。お互いの研究分野で知識が被るところも多く、けっこう盛り上がった。fMRIはやってみたいのだよな…。豊かな時間だった。

 

こういう日が生活の基本的なサイクルになってくれると楽しいと思って書いた。

筋肉と教養は海外留学で役に立つ

 f:id:thirty_eesti:20180720055824j:image

 

もはや1ヶ月先のスケジュールがわからなくなってきた…。

 

上司のプロジェクトに参加することになったと思う。たぶん。

 

私はまだ修士1年だからものすごい名誉というか博士課程めざす学生としては順調だ。VRラボにもおそらくアクセスできると思う。

 

VR系の実験やりたいしなあ。上司のプロジェクトで使っている理論を私がやりたいVR実験にむりやり移してもよい(上司もそれを望んでいるっぽい)。

 

何が言いたいかというと、まさかこんなことになるとはなあと。10ヶ月前にはたしてこの状況が予想できただろうか。不可能である。

 

いちおう、楽しいと思った授業から判断しておもしろいと思える研究テーマを選んだ。優秀だと思う上司にも指導教授を頼みいまは頻度高く研究の話をしている。そしてその上司のプロジェクトに入る。念願のVRラボにもアクセスできそうである。いちおう、無駄なく最速で(最速という言葉は本当にあやふやだな)駒を思ったところに進めることができている。ただ、ぶっちゃけただの偶然だ。運だ。

 

f:id:thirty_eesti:20180720055901j:image

 

機械学習はやるかもなーとは思っていた。でもディープラーニングだとは思っていなかったよ…。すべてがカオスのなかに思える。役に立つのは教養と筋肉だ。勉強と筋トレはランダムネスの嵐のなかでもちゃんと役に立つ。というか、そのなかで泳ぐためには教養と筋肉が必要なのだ。

 

とりあえず、もう生きてればいいや…。元気にご飯食べてお風呂入ってぐっすり眠るルーチンを基礎として新しいことを学んでいきたい。論文もプロジェクトでコツコツやってれば生体コンピューティング+VR+ディープラーニングの範囲でなにか見つかるだろう。順調なんだけど、「先が見えない」という感覚もべったり付きまとうから、順調さをどう評価していいのかさっぱりわからない。運はよいのだろう。役に立ったのは教養と筋肉だ。体力。そんな感じです。

エストニア10ヶ月で触れた学問領域と個人的感想

f:id:thirty_eesti:20180720060048j:image

 

この10ヶ月で自分が学んだものをまとめる。少しでも触れているものも含める。それぞれ雑感を書き、今後のキャリア・研究テーマの方針づけにすることを目的とする。評価の星は3点満点。★3つで満点。

 

・生体コンピューティング / Affective Computing

学際性★★★

難易度★★★

興味★★★

就職???

研究テーマとしての需要???

 

[雑感]

もともとこれがやりたくていま大学にいる。生体コンピューティングは英語で書くとPhysiological Computing。上司候補は2人いて、一人は脳波測定を用いてオーケストラを組織するアートプロジェクト、一人は脳波測定とVRを使ってマインドフルネスについて論文を書いている。2人ともとても優秀。ただ、この分野の需要がよくわからない…。もっと脳神経科学よりの基礎的な知識が必要だと個人的に思っている。大きく言って、脳神経に関する知識、主に脳を測定する方法・機器に関する知識、Unity、Blender、Maxなどの実験環境を実装する技術など幅広い知識が求められる。工学者が医学勉強してる感じもある。Human Computer Interaction。メディアアートの要素が強いイメージ。

 

・Brain Machie Interface

学際性★★★

難易度★★★

興味★★★

就職★★☆

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

個人的に学際性が最強の研究ジャンル。 もはや修士の2年で学び切るの無理だと思う。Brain Machine Interfaceについてはこのリンクがわかりやすい。

neuralism.hatenablog.jp

いちばん『攻殻機動隊』や『ソードアート・オンライン』の未来には近いし、人類進歩の最先端を学ぶならこの分野なんだけど、生理学・脳神経科学・認知科学・機械学習・VR・Robotics・CS・医学・法と倫理学・社会学あたりの知識ぜんぶをぶっ込んでいく必要があるイメージ。もう世の天才たちが勝手にやってくれるんじゃないかな?と淡い期待をしていたいレベル。就職はよさそうだとは思う。非侵襲的の研究についてもまだ始まったばかりだけど予算については心配なさそう。民間のね。Facebookをはじめ大きなスタートアップはラボ持ってる感じ。医学寄りか?

 

・心理生理学

学際性★★☆

難易度★★★

興味★★★

就職★★★

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

これは完全に医学寄り。脳のはたらきが体や心にどのように作用するか。生体コンピューティングのお母さんって感じがする。ゲストでロシアの研究所から脳科学者が来て講義を何度かしてくれたのでメールアドレスもらったはずだしお茶でもしながら基礎について必要な情報を聞きたいところ。コンピューティング要素そこまで気にしなくて良いイメージなので学際性は上2つよりは低め。 個人的に最近は文献読んでて楽しいジャンル。さっぱりわからんとき多いが。

 

・機械学習

学際性★☆☆

難易度★★★

興味★☆☆

就職★★★

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

最強の需要/就職よしの研究ジャンル。ビジネス向けにいうとAI研究。人工知能。もうみんな機械学習やったらいいんじゃないかな。お給料も最強。どちらかというと各研究の方たちが機械学習を実験要素として組み入れるのは必須の流れを感じる。工学系の実験だと。私は機械学習そのものを専攻として論文書くことはないので興味は薄め。というか書けるわけがない。 

 

f:id:thirty_eesti:20180720062355j:image

(写真は生体コンピューティング)

 

・ゲーム制作

学際性★★★

難易度★★☆

興味★★★

就職★★★

研究テーマとしての需要 N/A

 

[雑感]

ゲーム制作の研究そのものがあんまり学術でなさそうなので研究テーマとしては扱わない。Unity/UEとしてとらえると本当に需要はあると思う。英語できてUnityできるなら少なくともご飯は食べれると思うよ。学際性を★3つにしたのは、領域横断的という意味で。一人でストーリーもキャラデザも音楽もSEも開発もレベルデザインもサーバー管理もコミュニティ開発もカスタマーサービスもやろうとすると詰む。でも世界にはやってる人いそう。様々なプラットフォームの手助けもあるからね。

 

・VR

学際性★★★

難易度★★☆

興味★★★

就職★★★

研究テーマとしての需要★★☆

 

[雑感]

私はどちらかというと医療や教育の既存のマーケットサイズが大きいところでのVR活用に興味がある。日本の複数のスタートアップラボやスタートアップもVRの人材は欲しているように見受けられるし将来性は高いとは思う。学術領域だとVRそのものの基礎研究とVRを利用した応用研究で別れるのでなんとも。VRゴーグルのハードウェア的な基礎研究がいちばん勢いありそうかなーとは思う。

 

・Computer Vision

学際性★★☆

難易度★★★

興味★★★

就職★★★

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

 みんな大好きCNN(畳み込みニューラルネットワーク)まわり。大きく言った場合の機械学習においてはComputer Visionのほうが興味ある。将来性ありそう。心理生理学の研究テーマがおわったらこっちやってみたい。人工知能の「思考」より「認識」に興味がある。フッサールいえーい。というか、脳神経科学がまだまだ終わりが見えないのに人間の脳をEngineeringが模倣するのって無理がある気がする。模倣されたように見えたとしても(それが脳のように見え脳のように動いたらそれは脳である、というダックタイピング命題)、それはその時点での局所解でしかないと思うのだよ。なので「認識」のほうが楽しく見える。

 

・3DCG制作

学際性★☆☆

難易度★★★

興味★★★

就職★★☆

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

日本だとなぜか給料が低めというツイートを目にすることが多い3DCG制作。個人的にはいちばんやってて楽しいのだけどな…。BlenderなりHoudiniなり。3DCGで就職を目指すことはないけど趣味としては続けたい。Computer VisionやVRまわりでかぶるテーマが多いのも大きい。

 

・メディアとしてのゲーム

学際性★★☆

難易度★★☆

興味★★☆

就職???

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

Steamもゲームプラットフォームのスタンダードになったいまインディーズゲーム開発の研究はとても求められていると思う。同時にインディーズゲーム産業を含めたメディアとしてのゲーム分析はおもしろく映ります。

 

・ゲームデザイン研究

 

そもそもゲームデザインをすることについて。HCI寄りかな。眠いのでこれについてはまた今度。ゲーミフィケーションはビジネスでは求められてるし用いられてるかもだけど、ゲーミフィケーションそのものの研究って量があるわけではないイメージ。ロジェ・カイヨワの名前が出てくると社会学って感じだしなあ。

将来マジでわからん

f:id:thirty_eesti:20180720060515j:image

 

村下孝蔵の『初恋』を聴いて井上陽水の『飾りじゃないのよ涙は』を聴いてkohupiima-kreemと書かれてあるヨーグルトを食べる。レアチーズケーキの味がする。パッケージにいっさい英語が書かれていないロシア語とバルト三国表記のインスタントコーヒーの袋から大さじ2杯すくって濃いめに作ったコーヒーも飲む。カフェインは普段ダメだ。暇すぎるので(やることはたくさんあるので)今日くらいいいだろう。天気もよいし。北欧もすっかり夏だ。

 

1年後にたぶん卒業しているはずなのだけど予定がない。博士は受ける予定。研究計画書は1万字ほどは書いてあるから今月中に先生と相談する。研究アイデアは他にもあるので修士在学中に2本以上は書きたい。

 

軽い気持ちというわけではないけど、なんかいろいろうまくいなかくなってもまた居酒屋のキッチンから一から始め直せばよいやという自分のなかでのセーフティーネット案はあることはある。

 

フェアではあるとは感じるの。上手く生きれているのだろうか。発達障害の人間としては英語覚えて海外の生態系を見れただけでもがんばったほうな気がしている。

 

 

2018年5月からの計画

f:id:thirty_eesti:20180720061805j:image

 

・HCI/VR/ML 系のカンファレンス探す

・ジョージアに行く

・セルビアに行く(ドナウ河を見る)

・論文進める

 

くらいかなあ。最近の自分に新規性がないように思えて少し幻滅してしまいそうになる。自信満々で人生を楽しんでいるジョージア人やイタリア人を見習いたいものだ。

 

ドナウ河を見たいのはエミール・クストリッツァの『黒猫白猫』の影響。いつ死ぬかわからんし果たしたいことを片っ端からかたづけていこうかなと。昔の思い出を成仏させたいだけなのかもしれないけど、それでも私にとっては夢のような場所なのだ。究極をいえばクラスメイトにバングラデシュ人がいるから、ルイス・カーンの作ったバングラデシュ国会議事堂も見たくはある。もはや10代のころの聖地巡礼である。ばかばかしくてむしろ楽しさしかない。

 

8月には恩師とタリンで食事の予定。8月にはタリンにいよう。

 

なにか楽しみを見つけないとやべえなあと感じている。真面目すぎるのはよくない。過学習になる。賢い雑さが欲しい。

線形代数・微分積分、Machine Learning、また振り出し

f:id:thirty_eesti:20180720061846j:image

 

やりたいことがわからなくなった。

 

前進はしているのだ。しかし、明確さが失われた。

 

やったことがないことをやろうとしているからなのだ。未来の予測は過去の連続からくる延長線でしかない。あやふやな感覚を抱えた現在から過去を評価して未来を描こうとしても、過去の評価が曖昧になるのだからそこから来る未来のイメージというのも当然に不透明なものとなる。

 

やりたいことが不明確になってきた原因は新しいことを学んだからだと思う。

 

・Computer Vision(CNN)

・Machine Learning(Regressions)

・線形代数・微分積分・幾何学

 

新しい要素としては上記。

 

「真実(という感覚)はなんなのか」、「人間が真実味(Reality)を感じる仕組みに詳しくなりたい」とは思っていた。予定変更になる。

 

科学的根拠は科学的合意(Scientific consensus)から出来上がることがわかったことも影響が大きい。

 

人間はだいたいで動的に近似的に生きているといってもよいのではないか。わりと適当に人類を過ごしている。普段から人間はVirtualなのだと思う。

 

まあ、現状を楽しんでいきたいところ。

 

 

自分より若い方へ: 何事も起こりますように

f:id:thirty_eesti:20180720060907j:image

 

エストニアの現地学生の相談に乗ることが増えた。毎回、3から4時間。アドバイスはせず、ただ黙って話を聞く。日本に戻ろうかだとか、就職を含めたキャリア相談だとか。

 

なぜ人の話を聞く機会を作っているのか。若いひとたち視点の経験として「私の話を年上の人がただじっと聞いていた」ということを増やしていきたいからだ。増やしていけば、少しでも自分が未来に貢献できているかなと思えるのだ。自己満足です。

 

若いひとたちにいうことなど一つもない。自分が大学生のときはそう思っていた。いまは、一つだけ期待していることがある。「何事も起きますように」ということだ。

 

人間、病気をしなければ、いずれだいたいは老人ホームに入る。統計からみれば、日本在住なら80歳付近で死ぬ。その間をどう生きるかが生きることのおもしろさなのではないか。

 

なるべく悪いことが起こらないように人生をデザインすることはできる。反対に、リスクを取って現状の外で生き続けようとすると「普段」というものがなくなる。すべてが不規則に感じる。

 

何事も起こるうることのおもしろさと(一種の感覚的な可能性の)フェアさを楽しんでくれたらなあと。それが老害の私の思うところです。もちろん私がそれをまず楽しんでいきたいのですけども。

 

 

ADHDにとってのちょっとのきっかけ

f:id:thirty_eesti:20180720060552j:image

 

ゲームカンファレンスに行った。トルコから来ていたインディーズゲームのCEOとADHDの話題で盛り上がった。彼もADHD。エグいジョークばっかりで笑ってしまった。世界は広大だ。

 

私は診断済みASDだ。エストニアに来てから非定型発達について調べていたら、たぶんADHDも含んでいると思うようになった。

 

ときどき、集中力が散らばっていく様子が美しいなと思う。私の意識はいったいどこにいってるのか。ちょっとのきっかけであっという間にどこかに行ってしまう。性格の悪いねこのようだ。

 

可能性のこととして、ちょっとのきっかけで集中もできてしまう。何に集中するかの可能性が私の眼の前には広がっている。そういった意識で楽しんでいきたい。

 

 

 

 

エストニアに来て8ヶ月だった

軽く振り返りを

 

・1学期よりは成績悪くなると思う

・1学期よりは授業はぬるかった

・あと1授業とってもよかったかもしれない

・健康面は1学期よりとてもよい(そこは自分を褒めたい)

・3DCG製作や2Dアニメ製作ができたので満足といえば満足

・研究テーマの教授への受けはそこそこよかった

 

・卒業後のことを考える

・考えるが、決まっていない

・博士課程には進学したい

・国はどこになるかわからん

・博士取ったあとは民間かなあとは思っている

 

・英語だいぶ慣れた

・日常会話は相変わらずわからん

・授業の聞き取りはよくなってきている(これは大きい)

・スピーキングがいちばんひどい

・Reading>Listing>Writing>>>Speaking

 

・1年後、自分が何をやってるかなんてわからん

・3年後なんてもっとわからん

・でも、それくらいでよいと思う

2017年エストニア留学生活の振り返り

f:id:thirty_eesti:20180724060516j:image

 

2017年と言っても、自分のなかではエストニアでの8月から12月があまりに濃すぎた。ざっと書く。まとまりなどない。

 

[8月]

中国は武漢、ロシアはモスクワ経由で、エストニアへ。モスクワからエストニアへの経路は、陸路でバスという超強行だった。

 

中国は地元の市場でラーメン食べたり、露天のおばちゃんに中国語教えてもらったりして楽しかった。そのとき黒のジェットストリームパクられたが。ホテルから出るとき、バスに乗り遅れそうになって走ったせいで、入り口の2メートルくらいあるガラスに思い切りぶつかる。従業員の人がすごくかわいそうなものを見るかのような目をしていた。すまんかった。

 

問題はモスクワ。市内で日本円をルーブルに一切換金できなくて(香港から来てる女性に途中で出会い助けてもらった)水すら買えなかったり、モスクワで取ったホテルが冗談レベルでひどかったり(ベッドに羽虫が大量に死んでいた)、ロシアからEU圏に入るときに20分以上もセキュリティチェックで止められてお互い片言の英語で切り抜けたり。同じことを二度やれといわれても出来ない。運んでた荷物も合計で40kg超えてた(23kg+15kg+α)。大荷物でのモスクワの地下鉄は無理。旅行初心者が陸路でロシアからエストニア入るのも無理。慣れてないとは言えアホな旅だった。でも、人生でいちばんイケメン美人を見たのもモスクワの地下鉄か。

 

f:id:thirty_eesti:20180726051359j:plain

 

8月23日にエストニアに着く。同居人はすでにインターネット上で見つけていた(MBAエリート学生が華やかな経歴を武器に同居人を募集しているなかで「俺はアニメオタクだ!ゲームも大好きだ!料理もできるぞ!」と言ったら48時間で10件以上問い合わせが来た)。

 

同居人はエストニア人のアニメーター。6ヶ国語はなせる。彼にバスターミナルで迎えにきてもらう。この頃の記憶といえば、チーズとピクニック。エストニアのスーパーマーケットで売っているチーズが安すぎて、黒麦パンと一緒に買ってよく食べた。同居人は散歩が好きで(エストニア人は友達と遊ぶときに「散歩しながら会話する」というのをよく選ぶ)、タリン市内の森を散策がてら、よくチーズを挟んだパンを食べた。他には、計画断水を経験した。エストニアでも意外とそういうことあるんだなという印象。9月の中頃までは同居人の実家に住んでいた。実際のエストニアの家庭で生活できたのはよい経験だった。北欧のキッチンが好きになる。

 

f:id:thirty_eesti:20180726051033j:plain

 

8月28日からは、大学で国際留学生むけのオリエンテーション週間が始まった。私の左側の座席にいたのは、フィンランド人とブラジル人。右側はトルコ人だった。アジア人は見た感じ30人に1人くらいで、日本人は全体で10人ほどらしい(過去最高の人数)。エストニアの国境警備隊、大学関係者などから、パワーポイントでエストニアでの暮らし方を聞く。エストニアの大学を卒業すれば、継続して在住権がとれるようなので、ラッキーだなと感じる。SIMカードは学校から無料でもらえた。配られたトートバックに入っていた資料はめんどかったので読んでいない。

 

8月の英語は本当にやばかった。何を言ってるかほぼ聞き取れない。話題があらかじめ具体化されて半分聞き取れればよいレベル。こっちが言っていることは、いま思うと通じてはいた。しかし、英語的メンタルがまだ未熟だったので、通じていないと思っていた。

 

f:id:thirty_eesti:20180726043222j:plain

 

[9月]

正式に授業が始まる。当たり前なのだが、すべて英語。先生が何を言っているのかがわからない。先生によって国籍も違う。訛りがいろいろあるのだなあと思った記憶はある。文字による英語でなんとか授業についていった。宿題については何を提出してよいのかわからないので、毎回クラスメイトに聞いて提出していた。

 

エストニアの大学院では、紙はまったく使わない。すべてオンラインでの課題提出になる。よってクラスメイトの提出した宿題をすべて読んで、宿題に使用されているフレームワークを抽出して、そこから推論して課題の製作をしていたりもした。質問が求めている答えさえわかれば英語ができなくてもなんとかなる。「論文を読んで何を理解したかを書く」という形式のレポートはまじできつかった。

 

f:id:thirty_eesti:20180726055429j:plain

 

文章を埋めるためのフレームワークがあらかじめ与えられていない場合、初学者はこんなにきついのか~という感じ。合理的だなと思う授業はフレームワークを与えてそれを埋めてねーという形式だったため、留学生が多い授業だとこっちのほうがよいと思う。授業ついていけてない学生のために、先生の研究分野でのおもしろい記事みつけてリンク貼ったら評価ポイントあげる、だとか、Googleのアンケート使ってミニテストするのは授業設計で参考にしたい。

 

エストニアの寒さにやられる。15日間をこえて、謎の高熱と咳に襲われる。よく授業に出席してたなと思う。一部の授業では意識が朦朧としていたため、内容は聞かずにぼーっとして乗り切り、宿題だけ提出していた。9月の頭から中旬にかけては留学生の何割かは鼻をすすっていた。寒すぎて。9月にしては寒い、ということなので、アジア人からの感覚なのだろうか。風邪薬は同居人からもらったのだが、箱にエストニア語とロシア語とラトビア語とリトアニア語でみっちり文字が書いてあって何の効用があるのかまったくわからなかった。効いたという感覚もなかった。

 

f:id:thirty_eesti:20180726051249j:plain

 

住宅についてはトラブルがあり、「リフォームが終わらないから」という理由でもともと住むところには住めず、バックパッカー宿から大学に通う日々が続く。相部屋になったスロヴァキア人とボロヴィチカというスロヴァキアのお酒を飲んだ。よい思い出。彼はたぶんものすごく性格がいい。私の咳が常にひどすぎたのに何も文句を言ってこなかった。

 

9月15日から新居に入った。新居は本当にやばくて、入居した時点でまずリフォームが終わってなくて私の寝るベッドがなかった。オーナーに抗議したら、リフォーム途中の木材が山積みになっていて壁にペンキ塗りたてみたいな部屋にベッドが無理やり置かれた 笑。風邪も引いていたし、またAirbnbで物件を探すのも宿題が山積みになっているなかではもはや面倒くさすぎたので、やけくそで新居での生活が始まる。

 

ある日は丸ごとガスコンロが撤去されてご飯が作れなかったり、朝起きたらロシア人の職人さんが廊下で床板を剥がしてたり、カオスな生活だった。オーナーと職人さんたちは、ロシア語かウクライナ語なら通じるので、朝の挨拶がロシア語になる。洗濯機の説明書もロシア語。どうしようもないのでDuolingoでロシア語の勉強を始める。

 

f:id:thirty_eesti:20180726042950j:plain

 

やけくそで生活していたので、最初に洗濯機が回転したときは感動した。ロシア人の職人さんから動かし方を習ったのだが、私より英語ができないので、最終的には、магия?(マギャという発音、ロシア語で"魔法"という意味)をぐるぐる動く洗濯槽を見ながらお互い連呼するという意味の分からないレクチャーになった。マギャ?(魔法?)、マギャ!(魔法!)と2人で洗濯機の前で唱えていた。同居人とオーナーはウクライナ語で話すのだが、ウクライナ語の発音はたいへん美しい。いつか首都キエフに行ってみたい。

 

9月半ば、奨学金を受け取れないということが結果としてわかりパニックになる。その場にいた政治学を学びに来ていたパキスタン人から「何か食べろ、何か飲め、そしたら寝ろ。起きたらすべてが上手くいっている」と説得をうけて落ち着く。彼の説得がなかったら今の生活はない。下手すると辞めてた。中東系の学生のメンタル強者っぷりは異常。見習いたい。

 

授業は8コース取った。32単位分。

 

友達がとある日本好きが集まるイベントでエストニア人の子とデートに行くのを確定させていた。見た目モデルみたいな子、金髪碧眼。なにそのエストニアンドリーム? Fateのセイバーじゃん。私にそんな余裕などない...。爆発しろ。

 

f:id:thirty_eesti:20180726055148j:plain

 

[10月]

相変わらず先生の言ってることがわからない。ジョージア(旧グルジア)から来ているクラスメイトの英語の上手さにびびる。ジョージアの学生は、ジョージア語・ロシア語・英語が理解できるっぽいので、数ヶ国語話せるエストニア人といい勝負だと思う。宿題の形式は一定なので、提出には慣れてくる。9月と変わらず、英語でのプレゼンは毎回泣きそうになる。英語があまりにできない自分に耐えれなくなっていたのだと思う。

 

「英語できなさすぎてつらい」という愚痴をよくクラスメイトにこぼしていた。ジョージア人から「そのレベルで英語ができないというのなら、私達なんてもっとできないよ」と言われる。さすがにそれは世辞入っているだろとは思う。授業中に起こるフリートーク気味の先生と学生の会話にも交じることがほとんどできない。だって先生が言ってることもクラスメイトが言ってることもわからないのだから。授業に行っても存在感が出せない日々が続く。成績悪すぎて大学クビになったらどうしようと不安を覚える。でもやっぱりやけくそなので授業はすべて出席する。

 

考えるに、「英語ができない」というのには段階がある。10月は「クソみたいだし通じない英語(IELTSのWritingみたいな英語しゃべっていた)」から「クソみたいだけど通じる英語」への過渡期だったと思う。問題は、英語のメンタル。英語がクソすぎる自分にまずは慣れよう。ちゃんとクソみたいなレベルだと自覚することから始めよう。

 部屋のオーナーが帽子を趣味で作ってるので、エストニアの地元の蚤の市に手伝いでかりだされる。英語は通じない世界。エストニア語かロシア語のみ。外国人(私みたいなの)がいない地元の市場の雰囲気が好きだ。ロシア人からアンゴラの毛98%の靴下を格安で買う。残りの2%はなんなのだろうか。書いてなかった。

 

f:id:thirty_eesti:20180726055034j:plain

 

[11月]

 バイト月100時間行きながら授業をこなすの無理があった。疲れが限界に来ていて機嫌が悪いのを周囲に隠すのに必死だった。2Dグラフィックスの授業ではフォトショップのUXが悪すぎて毎回切れていたと思う。

 

11月あたりまで来ると、「自分が英語がクソすぎること」にメンタルが慣れてくる。3回くらい「いまなんて言ったの?」と聞き直すのも平気でできるようになってくる。体調が9月以来で最悪だったけど、勢いで乗り切った感。ただ、こんな生活をしていたら長期的に体調崩すので大反省の月だった。

 

映画学校の授業で『ザ・コーヴ』(The Cove)観せられて、先生がめっちゃ日本のとある町の文化のことディスってたけど(まあ、映画スタッフの見せ方が上手かったのもあるのだろうけど)、うちのクラスメイト日本好き相当いたので授業の空気がすさまじく悪くなる。授業終了後、クラスメイトが「あいつ殺す」って陰で先生のこと言ってたのでさすがにそこまで怒らんでもいいだろと思った。私も映画観てるときは悲しかったけどね。私イルカ食べないし。

 

「文化については、問題/無問題の基準を用意することが難しいという前提がある」と、事前に言い訳いれておいてくれればまだ雰囲気もマシだったと思う。基準の正気なんて誰も保障できないから。

 

f:id:thirty_eesti:20180726055209j:plain

 

[12月]

英語のリスニングがよくなってくる。発音からスペルを想像して、その場で意味をググれるようになる(これができると留学生はつよい!)。12月は...。忙しすぎてよく覚えていない。テスト期間の記憶がない。

 

映画学校でのテストが最初D評価で、さすがにまずいなと思い再試を受ける。なぜか再試に来ているのがクラスメイトのエストニア人しかいなくて合計2名で笑う。成績分布的に、DやCを取ったのに再試に来てない人が大量にいたはず。再試の結果はBで助かる。1回目のテストのときに英語で小説を書く問題があったのだが、1時間かけて書いたら満点だった。地味に嬉しかった。この授業のみ、テストが手書きだった。

 

認知科学/心理学的生理学の授業では2回研究プロジェクトのリーダーをやったのでよい経験になった。Human conputer interactionが好きになる。先生に恵まれたお陰。ラボの出入りもできるようになったしVRの研究もできたしで非常にラッキーだった。先生とチームメイトに感謝。

 

f:id:thirty_eesti:20180726055536j:plain

 

[1月]

心理生理学の宿題のせいで冬休みなどなかった。12月31日だけ休みにして、旧市街で2018年を迎える。花火うるさすぎた。年越しまわりで3時間ぐらい1秒に1発以上打ち上がっていた。

 

GPA 4.8/5.0獲得。ほぼオールAもしくはPass。よく取れたな...。1月の後半から新学期が始まる。学費の減免が受かったらラッキー。

 

英語でのプレゼンはもうできる。「できる」というのは精神的にできるという意味で、正直なところスピーキングの質は上がっていない。むしろ頭打ちになってきているし、日に日に悪化している気もする。