エストニア10ヶ月で触れた学問領域と個人的感想

この10ヶ月で自分が学んだものをまとめる。少しでも触れているものも含める。それぞれ雑感を書き、今後のキャリア・研究テーマの方針づけにすることを目的とする。評価の星は3点満点。★3つで満点。

 

・生体コンピューティング / Affective Computing

学際性★★★

難易度★★★

興味★★★

就職???

研究テーマとしての需要???

 

[雑感]

もともとこれがやりたくていま大学にいる。生体コンピューティングは英語で書くとPhysiological Computing。上司候補は2人いて、一人は脳波測定を用いてオーケストラを組織するアートプロジェクト、一人は脳波測定とVRを使ってマインドフルネスについて論文を書いている。2人ともとても優秀。ただ、この分野の需要がよくわからない…。もっと脳神経科学よりの基礎的な知識が必要だと個人的に思っている。大きく言って、脳神経に関する知識、主に脳を測定する方法・機器に関する知識、Unity、Blender、Maxなどの実験環境を実装する技術など幅広い知識が求められる。工学者が医学勉強してる感じもある。Human Computer Interaction。メディアアートの要素が強いイメージ。

 

・Brain Machie Interface

学際性★★★

難易度★★★

興味★★★

就職★★☆

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

個人的に学際性が最強の研究ジャンル。 もはや修士の2年で学び切るの無理だと思う。Brain Machine Interfaceについてはこのリンクがわかりやすい。

neuralism.hatenablog.jp

いちばん『攻殻機動隊』や『ソードアート・オンライン』の未来には近いし、人類進歩の最先端を学ぶならこの分野なんだけど、生理学・脳神経科学・認知科学・機械学習・VR・Robotics・CS・医学・法と倫理学・社会学あたりの知識ぜんぶをぶっ込んでいく必要があるイメージ。もう世の天才たちが勝手にやってくれるんじゃないかな?と淡い期待をしていたいレベル。就職はよさそうだとは思う。非侵襲的の研究についてもまだ始まったばかりだけど予算については心配なさそう。民間のね。Facebookをはじめ大きなスタートアップはラボ持ってる感じ。医学寄りか?

 

・心理生理学

学際性★★☆

難易度★★★

興味★★★

就職★★★

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

これは完全に医学寄り。脳のはたらきが体や心にどのように作用するか。生体コンピューティングのお母さんって感じがする。ゲストでロシアの研究所から脳科学者が来て講義を何度かしてくれたのでメールアドレスもらったはずだしお茶でもしながら基礎について必要な情報を聞きたいところ。コンピューティング要素そこまで気にしなくて良いイメージなので学際性は上2つよりは低め。 個人的に最近は文献読んでて楽しいジャンル。さっぱりわからんとき多いが。

 

・機械学習

学際性★☆☆

難易度★★★

興味★☆☆

就職★★★

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

最強の需要/就職よしの研究ジャンル。ビジネス向けにいうとAI研究。人工知能。もうみんな機械学習やったらいいんじゃないかな。お給料も最強。どちらかというと各研究の方たちが機械学習を実験要素として組み入れるのは必須の流れを感じる。工学系の実験だと。私は機械学習そのものを専攻として論文書くことはないので興味は薄め。というか書けるわけがない。 

 

・ゲーム制作

学際性★★★

難易度★★☆

興味★★★

就職★★★

研究テーマとしての需要 N/A

 

[雑感]

ゲーム制作の研究そのものがあんまり学術でなさそうなので研究テーマとしては扱わない。Unity/UEとしてとらえると本当に需要はあると思う。英語できてUnityできるなら少なくともご飯は食べれると思うよ。学際性を★3つにしたのは、領域横断的という意味で。一人でストーリーもキャラデザも音楽もSEも開発もレベルデザインもサーバー管理もコミュニティ開発もカスタマーサービスもやろうとすると詰む。でも世界にはやってる人いそう。様々なプラットフォームの手助けもあるからね。

 

・VR

学際性★★★

難易度★★☆

興味★★★

就職★★★

研究テーマとしての需要★★☆

 

[雑感]

私はどちらかというと医療や教育の既存のマーケットサイズが大きいところでのVR活用に興味がある。日本の複数のスタートアップラボやスタートアップもVRの人材は欲しているように見受けられるし将来性は高いとは思う。学術領域だとVRそのものの基礎研究とVRを利用した応用研究で別れるのでなんとも。VRゴーグルのハードウェア的な基礎研究がいちばん勢いありそうかなーとは思う。

 

・Computer Vision

学際性★★☆

難易度★★★

興味★★★

就職★★★

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

 みんな大好きCNN(畳み込みニューラルネットワーク)まわり。大きく言った場合の機械学習においてはComputer Visionのほうが興味ある。将来性ありそう。心理生理学の研究テーマがおわったらこっちやってみたい。人工知能の「思考」より「認識」に興味がある。フッサールいえーい。というか、脳神経科学がまだまだ終わりが見えないのに人間の脳をEngineeringが模倣するのって無理がある気がする。模倣されたように見えたとしても(それが脳のように見え脳のように動いたらそれは脳である、というダックタイピング命題)、それはその時点での局所解でしかないと思うのだよ。なので「認識」のほうが楽しく見える。

 

・3DCG制作

学際性★☆☆

難易度★★★

興味★★★

就職★★☆

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

日本だとなぜか給料が低めというツイートを目にすることが多い3DCG制作。個人的にはいちばんやってて楽しいのだけどな…。BlenderなりHoudiniなり。3DCGで就職を目指すことはないけど趣味としては続けたい。Computer VisionやVRまわりでかぶるテーマが多いのも大きい。

 

・メディアとしてのゲーム

学際性★★☆

難易度★★☆

興味★★☆

就職???

研究テーマとしての需要★★★

 

[雑感]

Steamもゲームプラットフォームのスタンダードになったいまインディーズゲーム開発の研究はとても求められていると思う。同時にインディーズゲーム産業を含めたメディアとしてのゲーム分析はおもしろく映ります。

 

・ゲームデザイン研究

 

そもそもゲームデザインをすることについて。HCI寄りかな。眠いのでこれについてはまた今度。ゲーミフィケーションはビジネスでは求められてるし用いられてるかもだけど、ゲーミフィケーションそのものの研究って量があるわけではないイメージ。ロジェ・カイヨワの名前が出てくると社会学って感じだしなあ。

将来マジでわからん

村下孝蔵の『初恋』を聴いて井上陽水の『飾りじゃないのよ涙は』を聴いてkohupiima-kreemと書かれてあるヨーグルトを食べる。レアチーズケーキの味がする。パッケージにいっさい英語が書かれていないロシア語とバルト三国表記のインスタントコーヒーの袋から大さじ2杯すくって濃いめに作ったコーヒーも飲む。カフェインは普段ダメだ。暇すぎるので(やることはたくさんあるので)今日くらいいいだろう。天気もよいし。北欧もすっかり夏だ。

 

1年後にたぶん卒業しているはずなのだけど予定がない。博士は受ける予定。研究計画書は1万字ほどは書いてあるから今月中に先生と相談する。研究アイデアは他にもあるので修士在学中に2本以上は書きたい。

 

軽い気持ちというわけではないけど、なんかいろいろうまくいなかくなってもまた居酒屋のキッチンから一から始め直せばよいやという自分のなかでのセーフティーネット案はあることはある。

 

フェアではあるとは感じるの。上手く生きれているのだろうか。発達障害の人間としては英語覚えて海外の生態系を見れただけでもがんばったほうな気がしている。

 

 

2018年5月からの計画

・HCI/VR/ML 系のカンファレンス探す

・ジョージアに行く

・セルビアに行く(ドナウ河を見る)

・論文進める

 

くらいかなあ。最近の自分に新規性がないように思えて少し幻滅してしまいそうになる。自信満々で人生を楽しんでいるジョージア人やイタリア人を見習いたいものだ。

 

ドナウ河を見たいのはエミール・クストリッツァの『黒猫白猫』の影響。いつ死ぬかわからんし果たしたいことを片っ端からかたづけていこうかなと。昔の思い出を成仏させたいだけなのかもしれないけど、それでも私にとっては夢のような場所なのだ。究極をいえばクラスメイトにバングラデシュ人がいるから、ルイス・カーンの作ったバングラデシュ国会議事堂も見たくはある。もはや10代のころの聖地巡礼である。ばかばかしくてむしろ楽しさしかない。

 

8月には恩師とタリンで食事の予定。8月にはタリンにいよう。

 

なにか楽しみを見つけないとやべえなあと感じている。真面目すぎるのはよくない。過学習になる。賢い雑さが欲しい。

線形代数・微分積分、Machine Learning、また振り出し

やりたいことがわからなくなった。

 

前進はしているのだ。しかし、明確さが失われた。

 

やったことがないことをやろうとしているからなのだ。未来の予測は過去の連続からくる延長線でしかない。あやふやな感覚を抱えた現在から過去を評価して未来を描こうとしても、過去の評価が曖昧になるのだからそこから来る未来のイメージというのも当然に不透明なものとなる。

 

やりたいことが不明確になってきた原因は新しいことを学んだからだと思う。

 

・Computer Vision(CNN)

・Machine Learning(Regressions)

・線形代数・微分積分・幾何学

 

新しい要素としては上記。

 

「真実(という感覚)はなんなのか」、「人間が真実味(Reality)を感じる仕組みに詳しくなりたい」とは思っていた。予定変更になる。

 

科学的根拠は科学的合意(Scientific consensus)から出来上がることがわかったことも影響が大きい。

 

人間はだいたいで動的に近似的に生きているといってもよいのではないか。わりと適当に人類を過ごしている。普段から人間はVirtualなのだと思う。

 

まあ、現状を楽しんでいきたいところ。

 

 

自分より若い方へ: 何事も起こりますように

最近、エストニアの現地学生の相談に乗ることが増えた。毎回、3から4時間。アドバイスはせず、ただ黙って話を聞く。日本に戻ろうかだとか、就職を含めたキャリア相談だとか。

 

なぜ人の話を聞く機会を作っているのか。若いひとたち視点の経験として「私の話を年上の人がただじっと聞いていた」ということを増やしていきたいからだ。増やしていけば、少しでも自分が未来に貢献できているかなと思えるのだ。自己満足です。

 

若いひとたちにいうことなど一つもない。自分が大学生のときはそう思っていた。いまは、一つだけ期待していることがある。「何事も起きますように」ということだ。

 

人間、病気をしなければ、いずれだいたいは老人ホームに入る。統計からみれば、日本在住なら80歳付近で死ぬ。その間をどう生きるかが生きることのおもしろさなのではないか。

 

なるべく悪いことが起こらないように人生をデザインすることはできる。反対に、リスクを取って現状の外で生き続けようとすると「普段」というものがなくなる。すべてが不規則に感じる。

 

何事も起こるうることのおもしろさと(一種の感覚的な可能性の)フェアさを楽しんでくれたらなあと。それが老害の私の思うところです。もちろん私がそれをまず楽しんでいきたいのですけども。

 

 

ADHDにとってのちょっとのきっかけ

ゲームカンファレンスに行った。トルコから来ていたインディーズゲームのCEOとADHDの話題で盛り上がった。彼もADHD。エグいジョークばっかりで笑ってしまった。世界は広大だ。

 

私は診断済みASDだ。エストニアに来てから非定型発達について調べていたら、たぶんADHDも含んでいると思うようになった。

 

ときどき、集中力が散らばっていく様子が美しいなと思う。私の意識はいったいどこにいってるのか。ちょっとのきっかけであっという間にどこかに行ってしまう。性格の悪いねこのようだ。

 

可能性のこととして、ちょっとのきっかけで集中もできてしまう。何に集中するかの可能性が私の眼の前には広がっている。そういった意識で楽しんでいきたい。

 

 

 

 

エストニアに来て8ヶ月だった

軽く振り返りを

 

・1学期よりは成績悪くなると思う

・1学期よりは授業はぬるかった

・あと1授業とってもよかったかもしれない

・健康面は1学期よりとてもよい(そこは自分を褒めたい)

・3DCG製作や2Dアニメ製作ができたので満足といえば満足

・研究テーマの教授への受けはそこそこよかった

 

・卒業後のことを考える

・考えるが、決まっていない

・博士課程には進学したい

・国はどこになるかわからん

・博士取ったあとは民間かなあとは思っている

 

・英語だいぶ慣れた

・日常会話は相変わらずわからん

・授業の聞き取りはよくなってきている(これは大きい)

・スピーキングがいちばんひどい

・Reading>Listing>Writing>>>Speaking

 

・1年後、自分が何をやってるかなんてわからん

・3年後なんてもっとわからん

・でも、それくらいでよいと思う